出来事

失敗してから研究してひどく美味しい料理ができます

私は、料理が賢くいかなかったときの原因を探して次に賢くいかなかった料理を組み立てるままおいしくできる様にしています。
たとえば、この間カボチャの煮つけが表面だけ味がついていて、中は味がしなくて美味しくなかったのです。ですから、私はその美味しくないカボチャを2度と作らない様に研究して、昨日カボチャの中まで味が染みた煮ひずみしていないうまいカボチャの煮つけを決める事ができました。それは、採り入れる前の日にたっぷりのおいしいダシでカボチャを煮つけておいて、翌朝にカボチャを食する分だけ皿に盛ってレンジで温めてるのです。すると、カボチャの中まで美味しいダシが染みてて甚だしく美味いですし、朝から体に良いカボチャが食べられるます。
また、カボチャをお弁当のおかずも良いですし、カボチャなら手強いものが苦手なお年寄りにも、赤ちゃんの離乳食にも使えるので用途が大きいと思います。そうしたら、私は先週はフライドポテトがカリッと揚げられなくて失敗していましたが、いろいろ調べたりしてフライドポテトを揚げる時に使う粉を小麦粉から片栗粉に変えたら、冷めてもカリッとした喜ばしいフライドポテトを始める事ができました。また、カボチャの煮つけのやり方は他の煮込み料理にも応用できるというので試して下さいし、フライドポテトをカリッと揚げるやり方も他の揚げ物などに応用できるというので是非試して下さい。