出来事

うっかり寒い時期に手作業白髪染めをすることに

実はもう少し温かいうちにやって置きたかった白髪染め。
ただしうっかりやりそびれてしまい、寒くなってしまったこの時期にやむなく手作業染めすることにしました。
でもビューティー院には行かない自身。
だってビューティー院の彩りは高すぎますもの。
家で染めれば1000円かかりませんから。
なぜ家で染めるのにそんな寒い思いをするかというと、風呂場で染めるからです。
白髪染めは染料が床や困難、洋服などについたら大変です。
樹脂製品なんてアッという間に拭き取らないと本当に染みが落ちなくなってしまうんです。
ですから風呂場で染めれば、染料がたれたりどこかについてしまってもアッという間に洗い流せます。
さらに、染めた下そのまま速攻でシャワーで洗い流せて楽なんです。
その代わり、冬の風呂は昼でも寒い寒い。
持ち込める暖房機器も家にはないので、寒さに震えながら染料をヘアに塗った下15食い分ほどただ待っていないといけません。
水濡れすると染めきれなくなってしまうので、染料を塗っていらっしゃる間は入浴もだめ。
そういうこともあって、だいたい染めるのは温かい秋うちまでにしていたのです。
冬の間は、多少白髪が目立つようになっても染めずに我慢w
春になって温かくなってからまた染めます。
今回は寒さに震えながらも頑張って染めました。
洗い流したときのシャワーがことさら温かくて気持ちよかったです。