出来事

言葉によるコミュニケーションを

最近の子どもは、常にスマホをいじっています。起きている間、ずっとネットサーフィンをしているなんて人も多いでしょう。わたしも、そうなんですけどね。さて、世の中には『ネット依存』という言葉もあります。

本人が好きでネットを閲覧しているなら、何も問題は無いんです。問題なのは、見たくないのに無理やり見ている状態。メールを返さなきゃ嫌われてしまう。ネットでニュースを見ないと、みんなの話に乗り遅れてしまう。

こんなふうに、脅されてネットを閲覧している人は要注意です。スマホでも、勉強でも、趣味でも、楽しんでやる事がいちばんです。せっかくのスマホなんですから、使って楽しくなりたいですよね。

ネットを見て不快な気分になるのなら、しばらく見ないようにするのも手です。親も子どもがスマホばかり触っていたら、まず表情を見てあげてください。楽しそうにしているなら大丈夫ですが、険しい顔をしていたら危険信号です。

「何か心配な事はある?」と訊いてあげてください。もしかしたら「うるさい」と反抗されるかも知れません。ですが、子ども本人は内心ホッとしています。スマホは若者が中心になって使っている道具ですが、大人も使い方を勉強すべきものです。