出来事

自動車免許があれば救えていたのかな?

私は昨年、30歳を目前に自動車免許を取得しました。

結婚をして地方に引越しして来た為に、車が必須な環境だったのです。

ただ、怖がりの私。なかなか教師所に通う決心が出来ないでいました。

しかしある出来事がきっかけで免許を取ると決意したのです。

なぜ免許を取る気にになったのか。

それは「飼っていたペットの死」を経験したからです。

突然、ぐったりとしてしまったペットのモルモット。

住んでいる街には動物病院を探してもあまり無く、しかもモルモットはエキゾチックアニマルの為に診れる獣医師さんが限られて来るのです。

モルモットを診てくれる獣医師さんがいるところへは車で1時間半もかかるのです。

家には主人の車は置いて有るものの、私には免許がない為、運転する事が出来ない。

すごく歯がゆかったです。

夕方になりモルモットを病院に連れて行く途中、間に合いませんでした。

病院に着く前に天国へと旅立ちました。

「私に免許があったら…。もっと早く病院に連れていけば」後悔ばかりしていました。

そして天国のペットに誓ったのです。

「私は強くなりたい。絶対に免許を取るからね。」と。

その後、自動車教習所に通いました。

仮免までが難しくて何度も挫けそうになりました。

でも、天国に旅立ったペットと約束したから頑張れました。

無事、昨年の12月に自動車免許を取得する事ができました。