出来事

献血してみたい

新宿駅の近くによく献血の案内をしている係の人を見かけます。昨日も見かけました。
よく「〇〇型が不足しています、是非ご協力ください」などと書いてある看板を持って献血を頼んでくる人たちがいます。
確か地元のスーパーの前にも定期的に献血のトラックが来ることがありますね。
私は献血した経験はまだ一度もありませんが、最近少し献血というものに興味を持ち始めているところです。

確か母の友達がエステを経営しているのですが、美容の話になったとき、「献血は身体にも良い、定期的に血を抜くことによって身体を活性化させることができて肌も綺麗になる」と言っていたのを覚えています。
確かにそうかもしれませんね。
古い血を定期的に少し抜いてはまた新しい血を身体に作らせて、それで身体の中も新しく綺麗なものに生まれ変わる、とても納得するロジックですね。
そしてその他、知り合いが定期的に献血しに行っているのですが、特に会社に勤めているわけではない彼女にとっては献血が健康診断になっているようです。
会社の健康診断といったものがないため、献血する際にやってくれる血液検査で色々自分の身体の状態が分かるみたいです。
そういう自分にとってもメリットがあり、他人を助けることができる献血って良いですよね。

今度地元のスーパーに献血のトラックが来たときには思い切って献血をしてみようと思います。